癒しを与えてくれたワンちゃんを大事に弔おう!ペット火葬の基本情報や豆知識をご紹介!

ペット火葬を行う飼い主も多くなってます。
ペットでも火葬を行うことをおすすめする利点としては、自宅にいても火葬や葬儀が行えることです。
ペットの遺骨を飼い主の元に綺麗に残すことができます。
自分ではペットを火葬することができませんが、法律にのっとって火葬をすることができることです。
ペットの火葬、葬儀、供養を一貫して行ってくれます。
人間が亡くなった時と同じように葬儀、火葬をしてお見送りをすることができることです。

癒しを与えてくれたワンちゃんを大事に弔おう!ペット火葬の基本情報や豆知識をご紹介!

ペット火葬を行う利点は自宅にいるだけで火葬や葬儀を行うことができることです。
火葬ができる移動カーが自宅に来ますので、自宅にいながら火葬をしてもらい葬儀を行ってくれるのは嬉しいものです。
火葬をした後に飼い主の元にペットの遺骨を綺麗に残すことができます。
ペット火葬専門の機器を使って火葬をしますので、大切に飼っていたペットの遺骨を残さず取ることができるのです。
人間と同じように動物にも自分で火葬ができない法律があります。
法律違反になることなく資格を持った専門の業者が火葬をしてくれます。
人間の葬儀と同じように火葬をした後は癒しを感じながらお見送りをしてあげられます。

ペット火葬の方法は大きく四つ!それぞれの特徴をご紹介します!

ペット火葬には、合同火葬や一任個別火葬、立会個別火葬と訪問火葬の4つの方法があります。
合同火葬は、他のペットと一緒にペット火葬を行うやり方になるため、コスト的にもリーズナブルですが火葬後の骨は他のペットのものと混ざってしまうのでお墓に納骨したい人には不向きです。
他の方法はいずれも個別でペット火葬を行うのが特徴ですから、遺骨をお墓に埋葬したい人に最適なやり方といえましょう。
一任火葬は、火葬業者にペットを預けて火葬を行って貰い骨上げをしたものを骨壺に入れてそれを返却して貰うやり方です。
火葬場に行くことができない人など一任火葬が向いているわけですが、口コミ評判を利用して信頼できる業者であるのか否かを確認した上で契約を結ぶことをおすすめします。
立会個別火葬は、火葬場に出向いてその場でペット火葬を執り行って貰うやり方、これは人間の火葬式と同じようなスタイルで行われるので最も人間に近いお葬式として注目を集めています。

気になるペット火葬費用!動物の大きさで費用相場は変動します!

ペット火葬は、ペットの大きさが大きくなるほど費用が高くなってきますが、同じ種類のワンちゃんでもサイズは成長などにより変わりますので、種類で分けてしまうとペット火葬の金額が分かりにくくなってしまうこともあります。
一般的にペット火葬と聞くと、犬や猫などの動物を連想される人も多いのではないでしょうか。
しかし、ペットの火葬を専門にしている会社などでは小鳥やハムスター、モルモットやフェレットなど体重が2kgまでの小動物の火葬も可能にしていて立会個別火葬での金額は19,000円から22,000円が相場といわれています。
ウサギなどのような2kgを超える動物は23,000円から25,000円が相場、猫やチワワ・トイプードルなどの小型犬などでは23,000円から25,000円が相場といわれています。
ちなみに、犬の中でもセントバーナードは超大型犬に分類されるワンちゃんですが、これらの犬は体重が40kgを超える大きさで費用相場は立会個別火葬で57,000円以上です。

ペット火葬後の埋葬場所や方法は主に4つ!それぞれの特徴をご紹介します!

ペットが亡くなった際に最後のお別れとして、ペット火葬を行い供養するという飼い主は多くいます。
ペットを飼育している家庭が増えていることで、ペット専用の葬儀業者も選ぶ事ができるのが特徴です。
実際にペット火葬が終わった後の埋葬をどうするかという点ですが、主に4種類あるので把握しておくことがポイントになります。
まず自分が所有している自宅で庭がある場合、庭に埋骨するという方法です。
庭の一画を供養場所で利用する事で、所有する庭であれば問題はありません。
庭だけでなくプランターを利用するという方法があり、この場合は移動なども簡単に行える方法の1つです。
次に自宅以外であれば専用の霊園を利用する方法があり、お墓の準備が必要となります。
ただししっかりペット霊園では管理されているので、お墓がある事で供養という形では人気がある場所の1つです。
最後に自然葬として遺骨を樹木葬などを活用して埋葬する方法であり、ペット霊園などで利用する事が出来ます。

ペット火葬で喪主として飼い主が心得ておくべき事について

ペット火葬をするときは飼い主が喪主になりますが、事前にどのようなことをするのかを心得ておかないといけません。
ペット火葬では基本的にペットを火葬して供養することになりますし、火葬の内容によってお骨上げをすることになります。
個別に火葬をする場合と他の動物と一緒に火葬をする場合で違いがあり、他の動物と一緒に火葬をする場合は骨が混じってしまうのでお骨上げをすることはできないです。
そのため遺骨を確保したい場合は、個別に火葬できる場所を利用しないといけませんから、喪主としてその点を意識していくのが大切になります。
後から遺骨が戻ってこないことでトラブルになることもあるので、最初の段階で遺骨が戻るのかを聞いておくのが重要です。
ペット火葬は専用の施設でおこなう場合と、移動車を利用して火葬をする所があるので、飼い主はどのような形で火葬をするのかを確かめないといけません。
ペット火葬はペットを供養するためにやりますから、大切に遺体を扱ってくれる所を探すのも大切です。

特におすすめしたいペット火葬業者の特徴①火葬場へ送迎サービスがあり冷却サービスも充実

ペットが亡くなった後は死後硬直が始まるので、なるべく早いタイミングで足を内側に折り曲げるなど身体を丸めてあげることが大切です。
また、夏時期などは腐敗も加速するのでドライアイスなどを使って遺体をしっかり保冷することも重要です。
その上でペット火葬を行ってくれるペット葬儀会社を選択して、ペット火葬の準備といった流れになって来ます。
小動物や猫や小型犬などは箱に入れて火葬場まで運ぶこともできるけれども、身体のサイズが大きくなってくると車がなければ輸送ができないケースもありますよね。
ペット葬儀を専門にしている会社の中には、火葬場までの送迎サービスを行っているところもあるのでネットを利用して調べるときなど送迎のキーワードを加えておけば、マイカーがない人でも安心です。
ドライアイスなど直ぐに調達が難しいケースもあるわけですが、送迎サービスを行っている葬儀会社なら冷却サービスとしてドライアイスの提供も可能になるので事前に確認しておくと安心です。

特におすすめしたいペット火葬業者の特徴②火葬出来る物や出来ない物の説明が的確

ペット火葬をすることになったとき、ペット葬儀社を使えばペット火葬やお葬式まで一貫してサポートして貰うことができる、施設の利用などについても事前に説明を受けることができるわけですから飼い主さんなどは安心して任せることができるメリットもあります。
ペットを火葬するときには、元気なときに家の中で遊んでいたおもちゃを棺の中に一緒にしてあげたい、洋服を着せていたときなどはお気に入りの服も中に置いておきたいなど副葬品を考える人も多いのではないでしょうか。
しかし、ペット火葬では人間と同じく棺の中に収めることできるものとできないものがありますので、生前遊んでおもちゃを入れることができないことも少なくありません。
モノにより遺骨に悪影響を与えるものものがある、これを入れると遺骨にどのような影響を与えるのか分かりやすく解説してくれるペット葬儀社は安心に繋がりますし、持参した副葬品を収めることができないなどのトラブルを回避できるメリットもあるわけです。

特におすすめしたいペット火葬業者の特徴③見積もり内容も明瞭で追加料金が後で発生しない

ペット火葬を受託している業者もありますが、お勧めできるところかそうでないところかを見分けるのはなかなか難しいことです。
ポイントはいくつかありますが、見積もり内容が明瞭であることは優良なペット火葬業者を見極める一つの方法になります。
これが明瞭ということは即ち後になって追加料金が発生したりすることも考えづらいです。
何をもって明瞭と言えるのかという話になりますが、これは別に専門的な知識など全く不要というか、素人の目で見て分かりにくいものは不明瞭と判断して差し支えありません。
そもそも顧客はその分野では素人に決まっているのですから、その視線で見て分かりにくいものは失格なのです。
専門用語を並べ立てて煙に巻こうとしているようなものは論外ということになります。
なお、明細は必ずしも細分化されているとは限りませんし、まとめて一項目になっているから良くないということでもありません。
変動など一切発生しない固定価格というのも明瞭会計の一種です。

特におすすめしたいペット火葬業者の特徴④ワンちゃんの好みや特徴を捉えベストな祭壇演出

犬をペットで飼っている家庭は多いと考えられますが、それぞれの愛犬によって好みや特徴には違いがある筈です。
亡くなったときにペット火葬をする家庭もありますが、祭壇の演出に愛犬の好みや特徴などを取り入れると亡くなったペットも喜んでくれる筈です。
ペット火葬の業者によっては祭壇が用意されることもありますから、そのときに愛犬が遊んでいたおもちゃや思い出の写真などを飾ると参列者が、どのような生活をしていた犬なのかを簡単に把握できると考えられます。
ペット火葬はペットとの最後のお別れの場になりますから、素敵な環境を作るのが大切になるので、各家庭にあったベストな状態を目指さないといけません。
ペット火葬は人間の葬儀と同じようにこだわりを持つことができますから、各自の希望にあった内容を実現してくれる業者を利用するのが大切になります。
火葬だけをしてしまうような所もあるので、事前にどのようなサポートがあるのかを把握しておくと安心です。

特におすすめしたいペット火葬業者の特徴⑤埋葬後の法要や供養の案内も積極的に通知

ペット火葬の需要は年々増しており、今では都心部だけでなく地方でも新たにサービスを開始する新事業所が登場をしているほどです。
日本は先進国のなかでもペット大国と言われており、家族同然にイヌやネコと接する方が大勢います。
弔いに関しても丁重で、ペット火葬を積極的に利用される傾向です。
数多くあるサービスのなかからどこを活用すればいいのかわからない、という方も少なからずいらっしゃるでしょう。
その場合は、口コミを参考にするのも一つの手です。
インターネットでは色んな業種の口コミを目にできますが、ペット火葬の場合は埋葬後の法要や供養の案内を滞ることなく通知をしているところがおすすめです。
これは対象となるペットを大切に思っていることを表しており、一定期間だけでなく永年継続しているところを活用するのが望ましいものといえます。
法要に関しては毎年決まった日時でどこでも開催をされますが、月命日でも対応しているところを活用しましょう。

ペット火葬に関する情報サイト
ペット火葬の基本情報をご紹介
"

ペット火葬を行う飼い主も多くなってます。ペットでも火葬を行うことをおすすめする利点としては、自宅にいても火葬や葬儀が行えることです。ペットの遺骨を飼い主の元に綺麗に残すことができます。 自分ではペットを火葬することができませんが、法律にのっとって火葬をすることができることです。 ペットの火葬、葬儀、供養を一貫して行ってくれます。 人間が亡くなった時と同じように葬儀、火葬をしてお見送りをすることができることです。

"

Search